<研究調査用特殊機器 HOGA 京都山友会 北山ヒュッテ>

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®

営業時間 09:00~18:00
【土・日・祝 定休】

お問い合わせはこちら
 HOGAは全国の大学・研究機関・環境調査会社・博物館などの研究機器を開発しています。
はじめての方へ コラム 商品検索 会社情報 アクセス 注文方法
トップ>京都山友会 北山ヒュッテ

京都山友会所有   左京区大原百井の山小屋

京都山友会  北山ヒュッテ
「京都山友会」が所有する山小屋  「北山ヒュッテ」をご利用ください。
北山で登山や環境学習活動に利用できる山小屋は、そう多くありません。
山小屋の利用を希望される団体様は、是非御連絡下さい!

                                            2016.3.7

            北山ヒュッテの南側広場
           キャンプファイアーができます。


             北山ヒュッテの北側
【広さ】
 シュラフで20名~25名宿泊可能。 シュラフはご持参ください。

【設備】
※薪ストーブ/七輪/食器など
※山小屋らしい板張りの床です。
※トイレは屋外北側です。
※電気・ガス・水道は通っていません。ランプ、ローソク、発電機が必要です。
【所有者】
   京都山友会 会長 高田 收

【山小屋管理部長】
   保賀 昭雄

【所在地】
  京都府京都市左京区大原百井
   →GoogleMap

「百井青少年村」入口から少し東(大原寄り)に、北に向いて車の幅ほどの三差路があります。この林道を約30m入った所の小川を渡ると「北山ヒュッテ」があります。
※車が通れる幅の林道で、北向きの行き止まりです。地図を開いて少し拡大すると杣道を確認できます。

【アクセス方法】

出町柳駅から京都バス広河原行きに乗車し、約1時間、百井岐れ下車、徒歩40分 

車をご利用の場合、大原小出石(こでいし)からR477号で百井(ももい)に向かうか、鞍馬街道(府道38号線京都-広河原・美山線)を広河原方面に進み、百井岐れ(ももいわかれ)から入るかのどちらかです。離合しやすいのは、大原小出石からのルートです。

【募集対象】
  • 山や自然が大好きなグループ
  • 山小屋を利用し、環境学習などの企画をされるグループ
  • 営利目的でない方
  • 維持管理に協力してくださる方歓迎
※所属のはっきりしない団体・個人様にはお貸しできません。
※用途によりお断りする可能性があります。
※利用料やその他条件については、相談の上で決定させていただきます。(ごく低額です。)


●山小屋管理部長  保賀 昭雄より ごあいさつ


 「京都山友会」の所有する「北山ヒュッテ」は、京都市左京区大原百井にあり、チロル風の三角屋根の山小屋です。京都山友会の創立は1960年(昭和35年)で、今年満56年目となります。創立10周年の事業として会員が集まり、手作りで山小屋建設を開始しました。当時の会員さんには、設計士さん、左官屋さん、アルミサッシの企業に勤める方や会社員さん、学生さんなど、多様なメンバーで、長期間の山小屋建設に携わりました。会員さんらの努力で整地から行い、棟上げ、屋根ふきなどをして建設し、思い入れを持って維持を続けました。すでに46年経っていますが、雨漏りなどの傷みもありません。

 京都山友会では、「北山ヒュッテ」を可愛がって利用してくださる方を募集しております。
この山小屋を山や自然が大好きな方のグループ、大学や学校で、企業のアウトドアサークル、環境学習などの基地として是非ご利用いただければと願っています。さらに、まるで自分が建てた小屋のように、継続的に利用してくださる皆様と、維持(メンテナンス)ができればとてもありがたいです。
ページ下部の『お問い合わせはこちら』からご連絡下さい。ご希望があれば、最新号の会報「山友」を添付送信致します。

●「北山ヒュッテ」 ご利用に際しての注意点

  • 1Fの土間に、マキストーブがあります。マキは必要量運んでください。山小屋での燃料は、利用者負担とします。
  • 利用者は、小屋の周りを清掃して帰ること。また、ゴミは退出時に持ち帰ること。
  • 維持費として、お心持をいただければと考えています。

●「北山ヒュッテ」 山小屋周辺の自然

 北山ヒュッテは標高が約560m程度に位置し、どちらの方向に歩いても30分程度でブナやウラジロガシが分布する標高にまでたどり着けます。北山ヒュッテから天ヶ岳の登山道へも30分かかりません。
 山小屋の周囲は自然林と杉林の混交林で、百井集落の方たちの田畑が大原寄りに広がっています。昨今では地球温暖化の影響で冠雪が少ないためか、イノシシとシカがエサに困らず死亡することもなく増加しています。そのため、百井集落の田畑には電気柵が設置されており、有害鳥獣駆除の対象としてイノシシやシカの捕獲が行われています。
 これまでの百井周辺の知見では、ツキノワグマやホンドタヌキ、ホンドキツネ、ニホンリス、ヤマネなどが生息確認されています。山小屋の2階にも一時糞があったのですが、ハクビシンかアライグマ、チョウセンイタチが隙間から入り込んで冬季の宿にしたのかもしれません。

 山小屋の前を流れる細流は、河口部を滋賀県の琵琶湖に持つ安曇川の源流・葛川の最源流部となります。そのため、小川には源流イワナやアマゴが生息しています。(写真:イワナ)
北山ヒュッテよりももっと下流になる本流や支流には、水量が多いため大型のイワナやアマゴが生息しています。この地域の源流イワナは、腹部が濃い山吹色をしているのが特徴です。谷が小さい所では、体長15㎝でも産卵します。生物資源保護の観点からも、小さなイワナはリリースしましょう!

                  

 近年、地球温暖化の影響で昆虫層も変化しています。私と友人の過去の記録では、以下の蝶が山小屋の周囲と徒歩30分〜1時間の範囲内で目撃・採集されていました。最近では気温の上昇で、かつては京都盆地の低山地域に分布していたギフチョウも見られなくなりました。
 さらにカシノナガキクイムシの繁殖で、ブナ科樹木の食害が進み、イヌブナ、ミズナラ、コナラも虫害による立ち枯れが見られるようになりました。
 草本類や灌木は、冬季の冠雪が少ないので、随所でニホンジカが採食しやすい状況にあります。そのため、今では見つけられなくなった植物も多く、植物に依存する昆虫の種数まで広く減少しています。

 ≪北山ヒュッテ周辺の昆虫≫
  [チョウ]
   ・ミヤマセセリ、ミヤマチャバネセセリ、アオバセセリなど
   ・ウスバシロチョウ、ギフチョウ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、キアゲハなどアゲハチョウ科
   ・ツマキチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ
   ・ベニシジミ、トラフシジミ、ヒサマツミドリシジミ、フジミドリ、メスアカミドリシジミ、ゴイシシジミ、
    クロシジミなどのシジミチョウ科
   ・テングチョウ、ゴマダラチョウ、スミナガシ、ウラギンヒョウモン、 オオウラギンスジヒョウモン、
    クモガタヒョウモン、ルリタテなどのタテハチョウ科
   ・クロコノマ、キマダラヒカゲなどのヒカゲチョウ科

  [甲虫]
   ・オオセンチコガネ、センチコガネ、ゴホンダイコクコガネなど


京都山友会 会員募集中!

京都山友会 会長 :高田 收 方で受付!
下記お問い合わせフォームをクリックし、「はじめての方」に入力してください。
  (京都山友会会長 高田 収氏に転送します。)

【年会費 2,000円】 ・・・ 会報「山友」を郵送でお送りします。
  ・会員はいつでも無料で山小屋利用ができます。
  ・月2、3回以上の例会を企画し、山歩きを楽しんでいます。
  ・隔月発行の会報には、活動記録や山の情報などをふんだんに掲載しています。
  ・現在の登録メンバーは50名程です。 是非ご参加下さい!

本年、2016年3月6日には、通算3000回記念例会として三上山(近江富士)に登山。

入会申込・山小屋利用の
お問い合わせはこちら
京都山友会編 『京都ふるさと登山50選』 →amazonの書籍ページ





トップ おすすめ商品 取扱いメーカー HOGAシステム お問い合わせ カタログダウンロード

↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy