<研究調査用特殊機器 HOGA ヘッドランプ DR-KIM ルーペ>

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®



お問い合わせ
はこちらから
ニュース 商品検索 会社情報 あんてな 取引案内 サイトマップ
トップ商品検索ジャンル別哺乳類鳥類爬虫類両生類/光学機器>ヘッドランプ / ルーペ



ヘッドランプ DR-KIM
DKH-50

販売価格:¥105,000(税抜)


Dr Kim head light用ルーペ
DKL-5

販売価格:¥9,000(税抜)


医療機器製造販売届出番号 40B1X100036E0005


頭に取り付けるヘッドマウント型なので、両手を使う作業におすすめ!
作業や実験の際、邪魔にならないヘッドランプです。
自然科学の研究現場やフィールドでの拡大観察、解剖や標本作成時、分類同定を容易に行えます。
今までフィールドで口にランプなどをくわえながら観察していた方にお勧めします。そんな大変な作業をしなくても、ヘッドランプがあればおでこのあたりからライトが照らします。

光の強さは調整可能。光源は半永久的に使用出来るLEDライト!
アウトドア用のヘッドランプとは異なり、目線の高さで30~40cm離れた場所を0~70,000ルクスで照射します。さらに、バッテリーを装着していてもわずか150gと、非常に軽く長時間装着時でも負担が非常に軽減されます。
おでこと後頭部で固定し、頭頂部でサイズ調整を行います。(滑り止めの合成皮革がついていますので、頭を振ってもずり落ちることはありませんが、バンタナを巻いたうえで取り付ければフィールドでも落とさずバッチリ!!)
人手が足りなくても、手元を明るく照らしたい時にはランプを下ろすだけで簡単スイッチオン。

バッテリー充電で繰り返し使えます!(可能回数約500回程度/充電時間約2時間)
バッテリーだからこそ、電源供給するためのコードなどが邪魔になることもありません。
バッテリーは後頭部のBOX内に収納されています。
※充電式バッテリーは専用の電池なので、市販品はご利用いただけません。
充電器とバッテリーが2個(1つは接続、もうひとつはスペア)が本体とセットです。

※このヘッドランプはメガネをかけていらっしゃる方や、メガネ型の拡大鏡等をすでにお持ちの方も、併用してご利用いただけます。オプションの専用ルーペ(1.5倍)とテレスコープ(2倍)もございます。

    



<岡山理科大学 小林秀司先生からのコメント>

①双眼ルーペは良いものは重いものが多く、眼鏡装着タイプだとハナ当てが食い込んですぐに痛くなりますが、その心配は全くいりません。必要なときに頭の上にのせれば良いだけです。フィット感も良好です。

②視野の広さ: これまで使ってみたルーペ類の中で圧倒的な視野の広さです。眼鏡をかけたまま装着しても問題ありません。

③ワーキングディスタンスの深さ : これまで使用したことのあるルーペ類は、高価な医療用のものであってもワーキングディスタンスが限られ、結果として常に同じ姿勢を強要されて疲労しやすかったのですが、本製品はワーキングディスタンスが深く、結果的に長時間使用が可能でした。

④拡大鏡部から外れる視野の周辺は、いつも通りの視界が得られ、短い距離なら装着したまま立って歩くのにも問題ありません。

⑤ホビー用のルーペに比べればかなり高額です。また医療用のものに比べると見た目が良いとは言えませんが、圧倒的な使用感です。特に、細かい解剖用に最適だと思います。




ご注文・お問い合わせはこちら



↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy