<研究調査用特殊機器 HOGA 記事バックナンバー ミドリセンチコガネ>

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®



お問い合わせ

はこちらから
ニュース 商品検索 会社情報 あんてな 取引案内 サイトマップ
トップ>記事バックナンバー ミドリセンチコガネ

ミドリセンチコガネ Phelotrupes auratus Motschulsky (甲虫目、コガネムシ科)



~金属光沢の美しい虫~
 動物のふん(糞)を丸い玉にしてころころと転がして運び、地表を掃除するスカラベ(聖タマコガネ)という昆虫がいます。遠い昔エジプトの王たちは、この昆虫が糞の玉を回転させて運ぶ様子を見て、彼らを地球の昼と夜をつかさどる神の使いとしてあがめていました。さらにフランスのJ.H.ファーブルも、この不思議な昆虫の行動と生活を「昆虫記」に書いています。このコガネムシのの仲間は成虫も幼虫もほ(哺)乳類の糞を食べて生活していますから、食糞製コガネムシ(糞虫・ふんちゅう)と呼ばれています。成虫は発見したけだもの(獣)の糞を地中に運び、それに卵を産みつけます。そして、幼虫は親から与えられた糞を食べて成長します。
 京都府内にも野生哺乳類の糞を食べて生活をするコガネムシの類が多数生息しています。オオセンチコガネとセンチコガネという体長20mmほどの比較的大型の種で、オオセンチコガネは背面・腹面ともに金属光沢を帯びた美しい甲虫です。地域によって成虫の体色・色調に変異が認められるため、それぞれに型(個体群)としての名前がつけられています。特に近畿地方ではオオセンチコガネと呼ばれる型が分布しています。成虫が哺乳類の糞を常食としていることから、成虫を誘引するため牛糞を餌として設置し、飛来行動やその地域の個体群の体色の色調などを調べました。体色の色調や分布地の概要をまとめると、次のようになります。



オオセンチコガネ(写真、左)
背面は金紫色~赤銅色~銅緑色で、腹面は緑色がかった赤紫色~明るい金緑色。京都以外にも各地で分布。
ミドリセンチコガネ(写真、一番上)
背面は銅緑色~金緑色または緑色~藍緑色、腹面は赤紫色または緑色~藍色~紫色で金属光沢。京都府と滋賀県内に連続した分布域をもち、府内では音羽山以南の山麓に生息。また滋賀県と県境を接する岐阜県・三重県の山地帯の一部にも分布。
ルリセンチコガネ(写真、右)
背面は藍緑色~藍色~紫色で金属光沢を帯び、腹面も紫藍色~紫色。奈良県・和歌山県・三重県南部に広く分布。
「近畿地方のオオセンチコガネ分布図」には、これまで確認したオオセンチコガネとミドリセンチコガネ、ルリセンチコガネの分布地を示しました。
私が直接採集した地点や、採集された個体の体色を確認した地点には、●▲■の印をつけました。また私信や文献によって分布を確認した地域は○△□の中あき印にしてあります。


~保賀昭雄原図:昭和56年3月ミドリセンチコガネ生態調査報告書より転載~

 私は、オオセンチコガネの生態と分布地を1968年から調べ始めました。そして近年になり、ようやく卵や幼虫の形態を知ることができました。当時、この昆虫の生態は解明されていなくて、成虫がいつ卵を産み、幼虫がどのような形をしているのかもわかっていませんでした。ミドリセンチコガネの生態は、京都府と滋賀県の境界にある音羽山(標高593m)で調べました。比較的急しゅんな山地の森林を思わせる山で、植生のほとんどはアカマツ林と落葉広葉樹林などの二次林によって占められ、ついでスギ・ヒノキなどの植林が見られます。まず、野生哺乳類が排せつした糞を食べるほか、動物の死体などにも飛来し、ときにはキノコなども食べて生活していることがわかりました。最も好む食べ物を調べたところ、哺乳類の糞に強く誘引されることがわかりました。地上に牛糞を100ml置き、気温や風速のほかに、微風速で感応する風向計を数個並べて飛来行動を調べました。ミドリセンチコガネや他の食糞性コガネムシは、彼らの食材である哺乳類の糞へ、風下の方向からにおいの道をたどって飛んできました。ミドリセンチコガネが飛来する高度は、地上50cmから1m程度です。糞の5mほど手前までくると、地上15cm位まで高度を下げ、ホバリング(空中停止飛行)しているかと思うほどゆっくりと確実に飛びます。においが強くなって糞の位置がわかるのか、真上に降下する個体や、すぐそばに降りる個体が多くいました。着地点から糞までの距離を計ると5、10、20、30cmと糞の風下側50cm以内に着陸する個体を多数観察しました。糞に到着後、地面と糞との境目に頭部を突っこみ、もぐり込みました。地面が柔らかいときには、糞の真下に坑道を掘り、いったん自分の食料を地中に詰め込んで確保したのち、ゆっくりと食べるようです。また時には前脚と頭部で糞をひきちぎり、前脚で抱え、後退しながら糞を運んでいきました。これらのことから、この昆虫の生活は野生哺乳類の個体数と密接な関係にあることが分かります。食糞性コガネムシを多数発見できたならば、その近辺に獣が生息しているか、動物の糞が近くにあると考えることができます。府内に生息する哺乳類は、これまでの調査で大型種として、ツキノワグマ・ニホンイノシシ・ニホンジカ・中型種ではタヌキ・ホンドギツネ・テン・ホンドイタチ・チョウセンイタチ・アナグマ・キュウシュウノウサギ・ムササビ・ニホンリス・ニホンザルなどの生息が確認されています。小型哺乳類のネズミ・モグラ・ヒミズの仲間を加えると、さらに多数の種が生息しています。しかし近年の都市開発や山間部におよぶゴルフ場建設で、京都市を取り囲む低山地の雑木林も随所で減少が続いています。そのため、野生哺乳類の生息地が分断されたり、全滅したりした地域が見られます。この珍しい生活をしている昆虫を守るためには、緑豊かな自然を後世に残す努力が必要です。
文・写真 保賀 昭雄

キマダラルリツバメを見る クロシジミを見る 外来魚を食べようを見る



↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy