<研究調査用特殊機器 HOGA シャーマントラップ(Sherman Trap) >

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®



お問い合わせ
はこちらから
ニュース 商品検索 会社情報 あんてな 取引案内 サイトマップ
トップ商品検索ジャンル別哺乳類鳥類爬虫類両生類>シャーマントラップ

シャーマントラップ(Sherman Trap)
折り畳み式ネズミ生け捕り(ライブトラップ


 H.B.Sherman Traps社から直接輸入をしています。(輸入元です)

   折り畳み可能な S /L /XLK /LL の4サイズを在庫しています。

※他のサイズをご希望の方は、ご注文数によってはお取り扱い致します。
(穴あきタイプもありますが、20年あまりご注文がないため、現在輸入はしておりません。)

※価格;個数値引きしております。詳しくはお問い合わせください。

※大型捕獲用 高額品のLL(XLF)を在庫限りの特価販売をしています。
サイズ 在庫 入荷予定
S (SFA) 5×6.3×16.5cm
カヤネズミ・ハツカネズミ・ヒメネズミ等
300(200)
1ヶ月+
L (LFA) 7.6×8.9×23cm
ハタネズミ・アカネズミ等 
858
1ヶ月+
XLK (LFK) 8×9.7×30.5cm
イエズミ・ドブネズミ等
48 特別値引
LL (XLF) 10×11.3×37.5cm
大型用;クマネズミ、ドブネズミ、
557 特別値引

在庫数の( )は、別途予約取り置きの数を示しています。   在庫数 17,11,15

ネズミ用捕獲器はシャーマントラップLより間口が広く、安価です。※ただし折り畳み不可。

定価からお値引して販売しています。
1個購入でもお値引きしています。即日出荷可能です。


これより大きいサイズの捕獲器については哺乳類捕獲檻をご覧ください。

またパンチューネズミ用捕獲器もどうぞ♪

シャーマントラップの使い方と調整について

HOGA 保賀昭雄 

 シャーマントラップは、ネズミ(マウス・ラット)やヒミズモグラなどを生け捕りするための折畳式捕獲トラップです。素材はアルミニウムでできており、軽量で持ち運びも非常に楽です。 内部には捕獲対象動物が好むエサを入れ設置します。
  シャーマントラップという名前は、考案者Shermanさんに由来します。四角柱の形をしたこのわなの中にえさを入れて、片側のふたを開けたままにして地面に1昼夜ほど放置します。わなの中にネズミなどが入るとふたが閉じる仕掛けになっています。
 箱型で内部は暗いですが、余計安心して入るようです。水分供給が必要な場合、布や綿、ティッシュを丸めて吸水させて入れるといいでしょう!

<エサの参考例>

  • ピーナッツや松の実 、押し麦、ドッグフード(少し砕く)など
  • バーベキュー味のスナック菓子(動物たちもおいしそうだなと感じるにおいの強いもの)
  • その時期、よく食べるものも良いでしょう!
 商品は折り畳まれた状態で出荷しております。 トラップの折りたたみ位置の端に、ステンレス製のワイヤーがあり、先端をコの字型に曲げて折りたたみ時の固定用フックになっています。 この「フック}を外すとシャーマントラップは内部のバネの力で箱型に組み上がります。

  箱型になったら、底を左手の掌に載せてください。この状態では、どちらが入り口となる前扉か、後部扉かがわかりません。入り口側にはトリガーがあり、後部側にはトリガーを解除する踏み板があるとご理解ください。  

 どちらの扉も手で押すと中側に押し込む事ができます。両サイドの扉を押し下げてみて、カチャッと音がして引っかかる方が入口となります。 (引っかからない方が後扉となります。)
入り口側から見ると、前扉の上辺を押さえるための前扉のストッパー(丸みを帯びた加工部分)を見る事ができます。この部分に前扉の上辺がかかっているときだけ、入り口は開口しています。

 この状態で、テストをします。後部扉を押し込むと、内部の踏み板部を押し、前扉を押さえていたストッパーが外れ、前扉がバネの力で閉まる方向に跳ね上がります。軽やかに動作するために、何度か試してから使うようにしましょう。

 <前扉が止まらない時>

かなり硬いアルミなのですが、良く使用するか何かの拍子で、ストッパーの先端が、ほんの少しだけ奥側に倒れぎみで、前扉の固定ができなくなることがあります。この時には、丸みのあるストッパーの上部に指をかけ、ほんの少し手前側に引いてみてください。

 <前扉が上がらない>

 後部側の扉を押し込んでも前扉が上がらない時は、上記の反対でストッパーが前側に倒れすぎています。指の腹で奥側に押すと、前扉が外れやすくなります。あまりに柔らかく反応し過ぎるようにすると、少しのショックでストッパーが外れたりします。とても簡単なので、是非微調整してみてください。

 

 <エサ入れ時の注意>

うまく踏み板の上にエサを置けるといいのですが、細かいエサなどが踏み板の下に入り込むと、踏み板がうまく動きません。

そのため、トラップの奥を下にしてエサが奥側に行くようにすると、踏み板の下にエサが挟まることもありません。この状態で、希望の場所にそっと置いてください。これで準備は完了です。





ご注文・お問い合わせはこちら



↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy