<研究調査用特殊機器 HOGA 超小型カラー&IR CCDカメラ>

研究調査用特殊機器
HOGA®



  Specialist in Technical Research Equipment®



お問い合わせ
はこちらから
ニュース 商品検索 会社情報 あんてな 取引案内 サイトマップ
トップ商品検索ジャンル別哺乳類鳥類爬虫類両生類/電子・撮影>HOGA 超小型カラー&IR CCD カメラ


HOGA 超小型
カラー & IR CCDカメラ
「HCIR-41F250A/FC」

(旧タイプ HCIR-41F690)

超低照度&暗視撮影!
ご購入いただいた方から絶賛の声!
地上の撮影から水中撮影まで可能!
販売価格 : お問い合わせ

 ※低価格のカラー専用機もあります。
※地上撮影用、マクロ撮影用、水中撮影用システムなど、ご要望に合わせた取り付け器具や周辺機器を準備します。

HOGA製品一覧はこちら

仕様 イメージセンサー 1/3インチカラーCCD 41万画素
有効画素数768H×494V
レンズ 3.6mm(F2.0)
視野角 約67°(準標準)
映像出力 BNCJ
音声出力 RCAJ
被写体最低照度 0.2Lux(カラー撮影時)
0.2LUX以下は赤外域撮影
映像信号 NTSC
電源 DC12V
寸法 26.5(W)×30(H)×29(D)mm
重量 約26g(本体のみ)
付属品 カメラ取付台・取付用ビス

【カメラの概略】
  • 超低照度暗視撮影用の41万画素・高画質CCD カメラです。
  • 明るいときはカラー画像で、0ルクスに近い暗さになると自動的に近赤外画像(白黒超低照度撮影モード)に切り替わります。この状態で赤外投光器をつけると、可視光の照明を照射せずに、暗視下の0ルクス撮影が可能になります。
  • マイクを内蔵し、近距離の音声確認が可能です。
  • カメラから出ている接続ケーブルは約1mですが、電源映像ケーブルを特別な機器を使わなくとも100m以上延長可能です。
  • 安価なケーブルでも65mの映像音声出力を確認しました。
【 性能 】 1本のレンズで多彩な撮影!
  • ピントを近距離側にあわせた時には、指紋や汗腺から出る汗も鮮明に撮影します。エサを運ぶアリや絨毯にひそむダニも、照明なしで撮影できます!
  • レンズを遠距離側に調整すると無限遠まで撮影できます。被写界深度が深い(ピントが合っている前後の距離が長い)ので、映像が驚くほどシャープ(鮮明)です。
【オプションレンズ】 すべてのレンズで至近から無限遠撮影が可能!
  • 2.9mm(視野角79°広角) / 6mm(準望遠) / 8㎜(準望遠) / 12㎜(望遠)
【広範囲な使用用途】
  • とても被写界深度が深く、昆虫の昼夜間連続撮影や飼育環境下のマウス、ラット、ゴキブリなどの薬理試験、野鳥の産卵から子育ての記録、圃場や飼育施設の昼夜間連続監視、昆虫の行動観察、飛来害虫の撮影などに幅広く利用されています。
  • マウスの薬理反応の観察では、被写界深度があるので、まばたき、鼻の振動、ひげの動きを同時に鮮明に撮影に録画しました。
  • ムササビやモモンガ、小型鳥類、キジバトの営巣を巣箱内撮影。
  • 手のひらサイズのお勧めの録画機で、SDカードに長時間録画。パソコンで簡単に静止画も作成できると好評です。

【使用】
  • ご希望に沿った小型ハウジングや小型水中カメラハウジングも製作して準備。
  • 持具 ・固定具で、高い木の上や巣穴にも取り付けが可能です。
  • 自由雲台や伸縮ロッドの先端に付け、移動しながらの高所の撮影ができます。
  • 小型なので、巣穴や巣箱内、土中の撮影にも最適です。
  • 下記、「HOGAが取り組んだ撮影システム」をご覧ください。
 「HOGAが取り組んだ撮影システムについて」もご覧ください!
ご依頼には、「カメラシステム希望記入用紙」を添付送信しますので、ご記入ください。

超低照度&暗視撮影 
超小型カラー&IR CCDカメラを利用したシステム
<雨よけ仕様>

こちらはハウジングの底部に自由雲台を取り付けています。
クランプ雲台を取り付けると、直径60mmまでの柱や突起物に挟みつけることができます。取り付けたカメラを360度調節できます。



<円筒仕様>

ハウジングには地上撮影仕様と水中撮影仕様があります。
屋外仕様は猛禽の撮影に利用しました。
写真上のハウジングには赤外投光器が、下のハウジングにはHCIR-41F690が入っています。HOGAのハウジングに入れれば、雨が降っても雪をかぶっても大丈夫!

写真下が樹木に取り付けた様子です。御希望にあわせ、写真上のような取付ブラケットもご用意いたします。
水中撮影仕様は陸上撮影仕様と近似の形状で、水中カメラハウジングに入れて渓流のイワナ・アマゴを撮影しました。
夜間も赤外投光器を点灯し、夜の生態観察撮影に威力を発揮!ケーブルは水中使用可能なものを用意しています。


<ひさし取付仕様>

屋外設置の場合はひさしの取付もしています。
(写真はぶらさげて設置をするように、上側にブラケットを取り付けています。)
ハウジングは上下どちらにも取付け可能です。
<巣穴観察IR照明付き仕様>

巣穴の上部や巣箱内に設置し、鳥類の子育ての様子や巣穴内を観察します。
真っ暗な巣穴のなかでも、近赤外に切り替わるので、はっきりと映像が見られます。
右側に伸びているチューブの先端に、赤外のLEDを装備。
巣穴内で50~60cm離れた距離でも撮影可能でした。

どのようなことをやりたいのか、設置場所はどのような場所かなど、
お気軽に御相談くださいませ。


アンケートを準備しています。
カメラの使用現場の様子、録画機の種類、ケーブル長、支持具、ハウジング、
気候、温度条件、設置期間電源など、ご相談の上システムを構築します。

長時間録画が可能な多チャンネルHDDレコーダーやポータブル録画器も販売中。

手のひらに載る200万画素CMOSカメラ内蔵 ポータブルレコーダー
デジタルデータ化され、すぐにパソコンで確認できます。
128GBのSDカードで、高画質908時間(標準1408時間)録画!
さらに、単三アルカリ電池4本で、2.5時間の連続録画が可能!

HOGAが取り組んだ撮影システムについて

↑こちらでシステム詳細を掲載しています。御覧下さい。



HOGA製品在庫一覧はこちらをご覧ください。

ご注文・お問い合わせはこちら


↑ページトップに戻る


HOGALAB 〒600-8833 京都市下京区西酢屋町8 TEL:075-371-7415 FAX:075-371-5644
copyright(c) 2007 HOGA  All Rights Reserved.
当ホームページに使用している写真等を許可なく使用することを禁止します。

サイトマップPrivacy Policy